narii owner interview

──narii出店のきっかけを教えて下さい。

東京で10年間、美容師をやってきて、11年目になる今年、
新しい挑戦をしたいと思ったのが大きなキッカケです。



──代官山、原宿と東京で美容師をしてきた上原さんにとって、場所も大きく変わりますが、なぜ向ヶ丘遊園を選んだんですか?

地元が東林間(相模大野)なんですけど、

東京で美容師を10年間続けて作ってきたコミュニティも、地元から派生して作ってきたコミュニティも、両方がすごく大事で。それは、今まで僕は、誰かの何かで助けてもらってきたからなんですけど。

だからこそ、地元と東京の間に、新しい場所を作りたいと思ってて。

そうしたらタイミングよく物件が出て来て、街のことを調べてみると、街は再開発中、と。
それもまた面白いと思ったし、挑戦するなら、ここでしたいなって。

──nariiはどういう場所にしていきたいですか?

場所のブランド力を捨てて、“本当の価値があるもの”を届ける事ができる場所にしたいです。

東京まで行かなくても上質なものを、この場所で体現していきたいです。



──Hair&LifeCreationをテーマに掲げるnariiが大事にしていることは何ですか?

Hair&LifeCreationという言葉に、お客様の人生に寄り添っていける美容室にしたいという想いを込めました。だからこそnariiは「なんでもできる」ことを大事にしています。



──何でもできる、ですか。

僕はカットは勿論、パーマスタイルも、ハイトーンカラーもグレーカラーでも、

どんな髪もデザインできますし、makeも勉強してきました。

結婚してもお母さんになってもおばあちゃんになっても、その時々のその人の”おしゃれ”を”可愛い”を提案していける自信があるんです。

だからこそnariiは、一緒に時を重ねても、ずっとおしゃれ心を忘れないでいられる美容室でありたいです。

──Hairを通して人生をおしゃれに、そして豊かにしてくれるのがnariiなんですね。

そうですね。それに、コミュニティを大事にしてきたからこそ、誰かと誰かが繋がっていく場所にしたいです。
人が人を呼ぶサロンに。

売れる前から応援していたバンドみたいに、隠れ家的な美味しいお店みたいに、秘密にしておきたいけど人に薦めちゃうような、そんな愛され方をnariiは目指したいです。

だからこそ、美容師という仕事の本質をハサミを通してお届けしていきたいです。